■こよみ■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2020年09月 次月>>
■さいきんのやつ■
■さいきんのおことば■
■さいきんのいんよう■
■ぶんるい■
■しょこ■
■つながり■
■ぷろふぃーる■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■そのほか■

D管ゲネプロとヴァルター試奏
いよいよ明日はD管の定期演奏会
地獄の三週連続演奏会もドヴォルザークマラソンもおしまいである

D管の練習は今回は奮発して本番を行うめぐろパーシモン大ホール
という事で、行きがけに久しぶりにNONAKAによってファゴットを試奏させてもらってきました

お目当ては一年ほど前のお遊びオケでご一緒したpyonさんの楽器が楽しかったのでちょいと吹かせてもらおうと思ったのだけど・・・
昨日、お店に電話して店長さんにお願いしたらヴァルターだけでなくメーニッヒも出しておいてくれました
どちらも、お値段は300万ほどライツィンガーやクレストよりはお安い(--;

どちらの楽器もデカくて重たくちょいと大変
吹いた感じはそれぞれ二本ずつ出してくれたのだけどそれぞれ傾向は似ているものの優劣が明白
要するに当たり外れが大きいという事か・・・

メーニッヒは昔吹いたよりは好印象だった
一方にはヘッケルのボーカル(CC)がついていてもう一方にはメーニッヒのボーカルFCというのがついていたが、どうもこの楽器には重いCCは合わないみたい
試しに手持ちのCCとCDVをつけて見たがCCは合わず、CDVのほうがいい感じだった

ヴァルターは低音域の響きが豊か
ただ、発音がちょっと重い感じ
もう少し繊細な事をやりたい時時には苦労するだろうな・・・

てわけで、今日吹いた中では自分の楽器の方が吹きやすかった(笑)
まだまだ捨てたもんじゃないね


続きはD管ゲネ


めぐろパーシモンを使うのは初めて
えらくドライなホールです
ここまでならないホールっていつ以来だろう?
とにかく音が返ってこないから、周りの音も聞こえず最初の方はぐちゃぐちゃ
特にD管は鳴りすぎる会場で練習してきているからかなり苦労しているよう

私自身も結局最後まで会場の響きになれる事も、ホールを味方につける事も出来ず
口に負担のかかる吹き方をしてしまった

明日は気をつけなくては・・・
| おんがく::れんしゅう | 11:05 PM | comments (2) | trackback (0) |
pyon 殿>
実はさらに一週間前にモーレンハウエルのスタンダードを吹かせてもらってその軽さに驚いた(自分の楽器が重いのだと認識)したばかりだったのですが・・・
こなれて来ましたか?
また機会が在りましたら触らせてくださいませm(__)m
| 善蔵 | EMAIL | URL | 2009/01/28 08:41 AM | YIRRyGXw |

あら…^^
そうですね、ヴァルター絶対やっぱり重いですね。でも、1年前よりは楽器が少し成長しこなれてきた感じですよ。(あんまり吹いてないのに)
| pyon | EMAIL | URL | 2009/01/28 12:22 AM | T2yKHylY |











http://www.makitaba.com/blognplus/tb.php/834
PAGE TOP ↑