■こよみ■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>
■さいきんのやつ■
■さいきんのおことば■
■さいきんのいんよう■
■ぶんるい■
■しょこ■
■つながり■
■ぷろふぃーる■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■そのほか■

ナズドラヴィ・フィルハーモニー  第9回演奏会
1月11日(日) 
神奈川県立音楽堂 

指揮:佐伯 正則  

B.スメタナ: 歌劇《売られた花嫁》より
  序曲
  ようやく祝福の時
  ポルカ
  フリアント
  道化師の入場
  道化師の踊り
A.ドヴォジャーク:《チェコ組曲》 ホ短調 作品39  
J.スク :組曲《おとぎ話》 作品16  

アンコール
O.ネドバル:悲しいワルツ バレエ音楽「ホンザ物語」より
J.フチーク:フローレンティナー・マーチ

パート
スメタナ、ドヴォジャーク:1st
スク,ネドバル:2nd
フチーク:アシ


毎度毎度、本番直前まで何が起こるかわからない状況で
自身もなかなか音楽が繋がらないまま本番を迎えてしまった。
ステリハでも落ちるし・・・

本番は。。。
チェコ組曲で指が絡まった・・・最近だとベト5以来か・・・(--;

さて、会場の神奈川県立音楽堂
生まれ育った市の一番の音楽ホール
初めて演奏したのは小学生のころ、キラキラ星変奏曲だったかのリコーダー合奏、ソロ吹いたんだけど記憶がない(^^;
その次は大学3年にブラ2の2ndだったか・・・

その時もまだこのホールの良さを実感できなかったけれど
今回は凄かった。

リハーサルでスメタナが始まり2ndVnのソロが始まったとたん
一つ一つの音がクリアに聞こえてくる、自分たちの音も小さく吹いていてもステージ上だけの響きでなくちゃんと飛んでいく
最近のよい音響といわれるホールのふわふわの音とはまったく違う
またここで演奏したいな
| おんがく::えんそうかいきろく | 02:00 PM | comments (2) | trackback (0) |
ありがとうございます。
昨年はかなりどっぷりでした
| 善蔵 | EMAIL | URL | 2014/01/16 10:09 PM | py.GuqSQ |

元気そうだね!
誕生日おめでとう!
どっぷりファゴットしてるのかな?
ではまた!
| mami | EMAIL | URL | 2014/01/16 09:26 AM | FBJee3bQ |











http://www.makitaba.com/blognplus/tb.php/1100
PAGE TOP ↑