■こよみ■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年01月 次月>>
■さいきんのやつ■
■さいきんのおことば■
■さいきんのいんよう■
■ぶんるい■
■しょこ■
■つながり■
■ぷろふぃーる■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■そのほか■

アドラーとかトパーズとかピュヒナーとか
ノナカのリード調整販売会に行ったら同時に試奏会をやっていたので
ふらふら~と会場へ

オーボエと合同でやっていましたが会場には
アドラーが二本(1357/4,1357/120?)、メーニッヒ トパーズ、ヴァルター、ピュヒナーが二本(No.19,No.23)の6本が並んでいました

こういうときはグレードの低い方から吹いていかないと
アドラーとかを正しく評価できなくなるのでまずは
アドラーから
1357/120は薬指B♭や親指Asを省略したモデル
最初に出したリードはちょいと強すぎたみたいでバリバリしてしまったので柔らかめのリードに変更
ドルチェで一年ぐらい前に吹いたふつうのアドラーよりも良い感じ
1757/4は、スタンダードなモデル
結構ごついバランサーが、ついている
要るのか?
悪くはないけど120の方が鳴るなぁ…穴が少ないからかな?

メーニッヒ トパーズ
悪い楽器じゃない
ソコソコ鳴るし、バランスも悪くない
でも、面白味がないんだよなぁ

ヴァルター
ちょっと変わったロックピン?が付いていた。
というかピンじゃなくてそのままはめ込む感じ?
11月にドルチェで吹いた楽器よりもバランスがいいし軽い感じ

ピュヒナーno.19
やっぱりピュヒナー!
明るい音、抜ける音いつもこのお値段(1.4M円)ならいいのにな
no.23
no.19に比べて中音域や高音域が落ち着くきがしたか?
低音域がちょいとコントロールしにくかったかな?

| おんがく::つぶやき | 05:16 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.makitaba.com/blognplus/tb.php/1083
PAGE TOP ↑