■こよみ■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2020年09月 次月>>
■さいきんのやつ■
■さいきんのおことば■
■さいきんのいんよう■
■ぶんるい■
■しょこ■
■つながり■
■ぷろふぃーる■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■そのほか■

fox新作発表会
一月ほど前のこと
親方の所へ楽器をオーバーホールに持って行ったときに、そんなイベントがあると聞いたのでいつ以来だか分からないダクへ行ってきました
5時からと言うので7:30に始業して(^^;;

新作は017 Japanというスチューデントモデルと、900ハイブリッドという高級モデル
イベントは試奏タイムと太田先生によるミニコンサート
コンサートでは900を使用
その日三時間触っただけだったのだそうな

太田先生によると、
・真ん中のGが小指のキーを使わなくてもはまる
・上のHからDも楽にはまる
・下のAが割れない、うわずらない
おまけ
・High-Eキーが人差し指の上下両方で使える(使用した楽器はhigh-Fキー付)

だそうな


さて、まずは017の感想
この楽器、廉価モデルと言うこともあって、キーが3つほど省略されている
親指のGis、薬指のB♭、そしてDisトリル
さらに特徴的なのはCがカバードキーになっている
また、全体にスモールハンド向けなので普通の楽器に慣れている人は最初は大変かもしれない
中西先生によるとCのカバードキーは音が篭ったり、トーンホールへの水つまりが問題になるが、
インナーチューブとテーパーで改善してあるそうな

といっても、吹いた感じはやっぱり、響きにくく感じたけれど(^^;
ただ、人が吹いているのを聞いた限りは、それほど響きに問題は感じなかった。

900は太田先生が演奏したHigh-F付きの物と、スタンダードな物の二本
全体にテーパーが変わっているということなのだが、見た目にはっきりと分かるのがロングジョイントのテーナージョイントから飛び出した部分
ここが見るからにぶっとい
最初に試奏したのはスタンダードなもの
いいです。すっと息がとおり鳴りむらもない、入れた息がそのまま音になる感じ
High-Fキー付きの方は・・・音大生やら業界人に囲まれてたうえ、ストラップ無しで吹いたので安定しなかったのもあるけれどもう一本ほどの衝撃はなかった。
で、High-Fは・・・
出せなかったorz

| おんがく::つぶやき | 07:41 PM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑